マレーシア長期滞在ビザ(MM2H)

iStock_000010691996XSmall.jpg

通常海外に長期滞在(原則3ヶ月以上)するためには、永住権、退職者ビザ、長期滞在ビザなどが必要です。ところが実際はこれらの発給国は少なく、あっても条件が厳しく取得が困難です。例えばロングステイの人気国である豪州の退職者ビザ取得には、今では1億円近い資金が必要です。

マレーシアの滞在も6ヶ月までは一度出国すれば可能と言われますが、頻繁に繰り返すと問題になるので、それ以上の滞在をする場合は長期滞在ビザ「マレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラム(MM2H)」が必要です。

MM2Hは、年齢に関係なく10年までの長期滞在が許可され、更新も可能で、取得条件も比較的緩やかなのが特徴です。しかもマレーシアは長期滞在、移住に大変適した国でもあり、今すぐ滞在する予定はなくても将来の長期滞在、移住のためのオプション(権利)として保有する価値が高いと言えます。

mm2hmonorail「必要な時に取得すれば十分」との考えがありますが、一般的にこれら長期滞在ビザの取得条件は年々厳しくなり、また、制度が廃止されることがあります。(豪州の退職者ビザは前述のとおりですし、ニュージーランド、カナダの退職者ビザは、廃止されました。)
また、申請者側の問題として、退職や失業などで定期収入がなくなってから申請しても、原則受理されません。不安定な雇用情勢の中、定期収入があるうちに取得する必要があります。

この種のビザは「取れるときに取る」ことが重要です。MM2Hは、大きな維持費もかからず、滞在の義務もありません。現役の方でも、「将来退職後に海外長期滞在あるいは移住をしたい」、「日本の財政破綻により高負担国家になった時の経済亡命?先を確保したい」という目的をかなえる「宝」となるかもしれません。

マレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラム(MM2H)のメリット

マレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラム(MM2H)のメリット

マレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラム(MM2H)の主な取得条件

50才以上の申請者

  1. 金融資産で最低RM350,000(約1050万円)相当の資産と月収入でRM10,000(約30万円)ある事を示す。収入が少ない場合は、より多くの金融資産が必要。
  2. 仮許可後、マレーシア国内銀行にRM150,000(約450万円)の定期預金をする。
  3. 月額の公的年金収入がRM10,000(約30万円)以上あれば預金は原則不要
  4. 定期預金は、1年後に不動産購入、教育、医療目的でRM50,000(約150万円)まで解約可能。(残高RM100,000を維持)

50才未満の申請者

  1. 金融資産で最低RM500,000(約1500万円)相当の資産と月収入でRM10,000(約30万円)ある事を示す。収入が少ない場合は、より多くの金融資産が必要。
  2. 仮許可後、マレーシア国内銀行にRM300,000(約900万円)の定期預金をする。
  3. 定期預金は、1年後に不動産購入、教育、医療目的でRM150,000(約450万円)まで解約可能。(残高RM150,000を維持)

(1リンギット30円で計算してあります。)

その他共通の条件

MM2H取得サポート

supportMM2Hは個人でも申請・取得が可能ですが、必要書類の準備・記入、申請のための渡航、マレーシア移民局当局とやりとりの面で、個人で行うと予想以上の手間と費用がかかります。事実、時々個人申請をされた方が途中で挫折しそうになり、弊社に助けを求めてくる例もあります。(弊社では個人申請のサポートは一切しておりません。)

また、個人申請は、MM2H公認スポンサー(保証人)が代理申請するのに比べ審査が厳しくなる傾向があります。
MM2H取得サポート・サービス
そこで、弊社は過去350件以上のMM2H取得実績のあるMM2H公認スポンサーをご紹介し、効率的でスムースなMM2H取得のバックアップをいたします。


MM2H取得サポートの内容

doc

サポート料金

178,000(消費税別)
子供(21歳未満)を付帯する場合、1人あたり15,000円(消費税別)の追加料金となります。

お問い合わせBL